成田高等学校付属小学校

2012年3月 取材レポート(理科)

2012年3月の校舎です。
理科
「放射線を見てみよう」
今回は2012年3月2日に行われた6年生の理科の授業にお邪魔してきました。
子ども達が興味関心を持って授業に臨めるようにと、非常に興味深いテーマの授業でした。


 只今、小学校は新校舎を建設中とのことで理科の授業は仮設の理科教室で行われました。係の号令のもと、挨拶をし授業が始まりました。  今日のテーマである「放射線」について話が始まりました。
先生は上手に子ども達の興味を引きつけます。私たちも一緒になって引きこまれました。
 
先生曰く

「放射線は安全とまでは言わないが必要以上に騒ぐ必要はない」
「身近に存在するものだが、目には見えないものである」
「放射線は通った後を知る事ができる」
「上空一万メートルと同じ状況を作り放射線が通った軌跡を確認してみよう」

とのことでした。
 
基本的な実験道具は予め各班ごとに用意してありました。
この他の道具は先生が指示し、班ごとに前に取りに行きます。
ドライアイスは素手で触ると危険なので手袋着用をしっかり指示していました。
 
ケース内側に貼りつけたスポンジにアルコールを染み込ませています。
この後、このアルコールをしっかり染み込ませているか、はたまた液が多すぎて下の紙にまで染み込んでしまったかで実験結果が変わっていました。
子ども達の作業中、先生は出来る限り各班を回り児童を見ています。
 
アルコールを十分に染み込ませたら直にラップで蓋をします。
この時、表面にしわができないようにピンと張るのがポイントのようです。
ケースをドライアイスの上に設置します。
これが、上空一万メートルの状況再現となるようです。
この後、実験手順の確認として部屋を暗くし、表側からライトを当ててケースの中を見る練習をしました。
 
さて、いよいよ実験開始のようです。
まずは、校舎裏でどのくらい放射線があるのかから確認しようとなりました。
先生が予め校舎裏にて設置していたティッシュを各班に配ります。
どうやらこのティッシュに放射線が含まれていて、それを確認するようです。
 
ケース中央にティッシュをセットし、ライトアップ。
放射線の軌跡は、紙の上に霧状の筋がふわっと浮かび上がって確認できるようです。
みんな集中してその瞬間を待ちます。
クラス全員がじっと見つめていましたが中々見えないようです。
ふいに誰かが「見えない〜」と言うと、口々に各班から同様の声が上がりました。
先生は、「どうやら校舎裏では放射線が弱いようだね」と静かに言いました。
子どもたちは口々に見えない不満を漏らしていました。

そこで先生は次の手を打ちます。
 
放射線を出す物質を注射器に入れその空気を吹きいれて、それを見るというものでした。  はたして、今度はどうでしょう。
 先生も一緒に注意深く観察します。

少しすると、「あっ、見えた!!」という声が上がりました。
私たちも後ろからのぞいてみたところ、確かにふわっと浮かび上がる物が見えました。
先生が他の班に「この班はしっかり見えているから見て御覧」と声をかけると、皆一斉に集まり観察していました。

子どもたちは自分の班と行ったり来たりと繰り返し、それぞれが放射線の軌跡を確認し感動していました。

やはり理科の実験では、結果がしっかり確認できた瞬間が印象的だと感じられた授業でした。
 
6年生担任  吉永 裕史 先生
 
 
 授業の最後に先生は、
「今回の実験で見た放射線は主にα線というもので、この放射線は皮膚すら通さないので直接食べない限りは害はない物です。放射線は本当に身近に存在する物なので、正しい知識を持つようにしましょう」

とおっしゃって授業を締められました。

この後、どうしても上手く見れない班は休み時間を利用してもう少し実験を続けてもいいよ、と先生が言うと、成功して見えていた班も含めて全員が実験を続行していた姿が印象的でした。
 
 只今特別教室等を建て替え中という事もあり、理科実験室は仮設校舎内に用意されています。広すぎず、狭すぎず子ども達の人数にちょうどよい広さで構成されていました。
 先生の話は非常に魅力的で、児童は皆先生の話を集中して聞いていました。また、今回の実験題材も子ども達の興味関心を非常に引く内容で、先生とのやり取りの中で色々な予想を立てつつ行われていました。授業途中、お友達と一緒になっての作業に夢中になり興奮した児童が先生に指導されるという場面があり、一瞬教室に緊張が走りましたが先生の的確な対応により授業はとてもスムーズに行われていたのも印象的でした。
 実験は各班ごとに行っていて、更に班の中でも2グループ作り、それぞれのグループで実験を行っていました。少人数に絞る事で作業に参加できない子がいなかったようです。どの子も、何かしらの作業にあたり、他人任せにするような子は見受けられませんでした。クラス全体がしっかりとまとまっている印象を強く受ける授業でした。


 先生方、忙しい中取材にご協力していただきありがとうございました。
 
キッズさくらカレッジ幼児教室
キッズカレッジ幼児教室 やちよ中央教室