2010年12月10日 成田高等学校付属小学校・長田副校長インタビュー
 
 
 
 質問者 : キッズ塾長
 質問者 : キッズ上田
 回答者 : 長田先生

 御忙しいところ恐れ入ります。小学受験を考えている父母に向け毎年この時期に校長インタビューをしております。
 さっそくですが、2011年度入試の概要を教えていただけますか。

 今年のペーパー試験は練習問題も含めて9枚です。言語・数・生活などの領域から出しています。
 試験の難易は例年並みで、ペーパーの満点が100点で平均としては7〜8割です。

 ペーパー、行動観察、運動など試験全体からみますとペーパーの比率は半分くらいと見ていいのでしょうか。

 ペーパーとその他(行動観察+運動)の比率はほぼ同等になってきていますが、若干ペーパーの比率が高いと思います。出来るだけ同程度にしようとしています。

 成田小学校の入試でユニークなのは個別考査(個人別の行動観察)で、毎年内容をお聞きするのが楽しみです。今年は何をおやりになったのですか。

 一つ目は積木の収納です。外に出ている積み木を見本と同じように箱にしまうという課題です。ちゃんと見ていればできるのですが、なかには1つだけ浮いてしまったり、場所を間違えたりする子もいました。

 今年日出学園小学校がロッカーに小学1年生が使用する様々な物を収納させるという個別考査をおやりになりました。先生が写真で見本を見せてこの通りにやりなさいと指示されたそうです。こまかなところまで見てちゃんとやれる子がいたようです。そういうことは学校生活を控えてとても大事だと思いました。

 もう一つは、フォルダーの中にいろいろな種類の紙をきちんと折って収納できるかということも見ました。

 子供は折がなかなか出来ないのですよね。

 運動はどのようなものをおやりになったのですか。

 プレート走といって、プレートを踏まないように走り抜けることと、アザラシ歩きです。

 腕の力でぐっと反らなきゃいけないので、アザラシ出来ない子が多いのではないでしょうか。

 腕の力が弱い子は四つん這いになってしまいました。これは出来るか出来ないかですから差が出ました。

 親子面接はどうなんでしょうか。受験生から質問以外にカード遊びをしたと聞きましたが。

 今年は3教室に分けてカルタ遊びをしました。20枚程度のカルタ遊びをしてもらって親子関係を見させてもらいました。お父さんやお母さんが読んだり、交替で読んだりする家族もいました。

 家庭によって差が出たのでしょうか。

 子供をたててあげるご家族が多かったのですが、楽しそうに参加していました。家庭の雰囲気はよく分かりました。

 カルタを取れるということは子供達はみんなひらがなが読めるのですね。

 ええそうですね。書けなくても読むことは出来るのですね。

 今年の受験生の特色はどうでしょうか。

 特に例年と変わりません。みなさんちゃんと準備をされて試験に臨まれています。

 受験日程を変えた影響はどうでしょうか。

 今年は昨年より受験生は増えました。ただ、若干、成田の近郊ではない方の入学辞退がありました。来年の受験日程も今年度と同じようにしようと考えています。

 千葉には良い私立小学校がたくさんあるのにご存じない保護者が多いと思います。私立に興味を持ってもらい志願者を増やすために、毎年市川で開かれる造形展などの告知をもっとできたらいいのになあと思います。

 造形展は開催時期や会場を見直すともっと私立受験生へのアピールになると思われますね。
 専科の先生と言えば、本校では教科書の内容にとらわれずに理科実験を行っています。ペットボトルロケットなどの実験は子供たちも喜びます。以前はカエルの解剖をやりましたが、今はフナの解剖をしています。

 別の機会に理科実験の授業を取材させていただきます。
 話が変わりますが、来年から新学習指導要領が完全実施となりますが、成田付属小学校ではどのような対応をされるのでしょうか。

 すでに移行期間中から始まっているのですが、毎週土曜日にも授業を3時限やっておりますので国語・算数は標準時数より多くなります。芸術科目も重視していますので、標準より多めに授業時間を割いています。
 前倒しして新学習指導要領に対応していますので、来年から特に大きく変わるということはありません。
 子供は柔軟性がありますので毎週土曜に授業をしても問題はないようです。

 ゆとりも大事ですが勉強時間をしっかりとるというのも大事ですね。ゆとりをはき違えてしまったような気がします。

 土曜日を休みにしたのは本来は家庭に戻すということなのですが、それが違う方向にいってしまって、月曜日が逆に子供が疲れていたりします。その点土曜日に学校があると子供にリズムが出来て良いようです。

 それだけ時間をとっておられたら新学習指導要領の授業の消化は問題ないでしょうね。さらにそれ以上の教育ができるわけですね。反面、公立は週5日制なので時間の確保が難しいかもしれません。
 本日は貴重なお話をお伺いいたしました。有難うございます。

キッズカレッジ幼児教室 上田豊治
キッズカレッジ幼児教室 やちよ中央教室